更新日: 2017年05月23日
お問い合わせ

<協力>



現在の閲覧者数:


試合日程を更新しました。(5月16日) ⇒試合日程
*表示が更新されない場合は、ページの再読み込みを行ってください。

「HKSA AA LEAGUE」のFacebook


⇒拡大

トーナメント1回戦 5月21日

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
勝利投手:
敗戦投手:宮内
パイレーツ 2 0 0 0 2         4 HR:
ドリームス 7 0 1 2 0         10 HR:
勝ち組コメント
負け組コメント
72期を勝ち越しで終えたパイレーツにいきなり試練が!
トーナメント戦1回戦はリーグを代表する強敵ドリームス。
ところがあいにくとパイレーツからの参加者が劇的に少ないという珍しいピンチに。
急遽決まった救世主は宮内投手。
この日、先発投手を快く引き受けていただきました(午後からのお仕事にも関わらず、本当に有難う御座いました)。
いつもより大幅に少ない10名の海賊軍。
初回、この日が初登録となる2番志賀選手がいきなりのクリーンヒットで出塁。
続く小泉が四球を選択すると4番青がきれいにライト前に返し1点。
5番救世主宮内の犠打でもう1点加えて、初回2得点と立ち上がりOK。
しかしその裏、強敵ドリームスの上位打線が爆発し7失点。壁の厚さを感じる。
2回以降は宮内の安定した投球と守備陣の堅守で失点を最小に抑える。
しかしパイレーツ打線がかみ合わずに得点も進まぬまま5回最終回。
立ち上がりは1番SAMからの上位打線。
まずSAMがこの日初安打で出塁すると、新人志賀が会心の一撃三塁打!
さあココから反撃だ!と思いや、後続打線3番4番が不発となりゲームセット。
2回陸さんの安打、3回宮内さんの二塁打を合わせて、合計5安打と完全にやりこめられました。
宮内投手のご支援に感謝するとともに、脅威の新人志賀の発掘という豊作。
トーナメント敗退するも、パイレーツは次期開幕に向けて十分な内容となりました。

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:
敗戦投手:

ベアーズ                    

HR:

イーグルス                     HR:
勝ち組コメント
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:富山
敗戦投手:

ツナーズ 7 10 8 6 1         32

HR:Joe 宮田 砂永 厚澤
 Owen 松倉(2本)

アタッカーズ 2 0 1 2 8         13 HR:
勝ち組コメント
リーグ戦第一回線はアタッカーズさんとの対戦。
初回、Joeの先制ホームランで幸先よく先制。
この回、松倉にも一発が出て、長短打7安打で一挙7点。
1回裏先発の富山がテンポよくなげるも、左打者が続く相手打線に守備の乱れが生じ2点を献上。
2回表、13番萩原から9番江藤まで安打、四死球で10人連続出塁。
小屋にもタイムリーが出て、この回も10点追加。
この援護点がきいたのか、2回裏は、富山が相手打線を0封。
3回にも宮田、厚澤の2本塁打含む、7安打の猛攻で8点追加。
3回裏、富山が4番打者に一発もあびるも安定した投球で1失点でしめる。
4回表、河野の二塁打を皮切りに、Owen、砂永の2ホーマーもでて6点。
4回裏、河野がマウンドへ。
3短長打あびる展開も、4番打者の当たりを二塁手江藤が好捕し、江藤-Joe-石田のダブルプレイでこの回をしめる。
5回表、守備でファインプレイの江藤が打球をセンター前に、好走塁もあり2塁打にし、小屋の当たりで生還。
5イニング毎回得点、参加者全員安打、7本塁打(Joe、宮田、砂永、厚澤、Owen、松倉2)でリーグ戦緒戦を勝利で飾ることができた。
次週もこの勢いをもって、トーナメント勝ち進んでいきたい。
負け組コメント

1
2
3
4
5
6
7
8
9

勝利投手:金塚
敗戦投手:井上

サクラ 3 0 1 0 0         4

HR:

サンダース 4 3 0 4 6         17 HR:吉田
勝ち組コメント
トーナメント1回戦、強打のサクラさんとの対戦。
この試合は浜中監督に代わり、稲田助監督が初采配。
不動の4番吉原不在の為、4番に主将小西を起用。
本人は「吉原さんは永遠のライバルですから」とニタニタ。笑
初回、サクラさんの上位打線に捕まり3失点。
しかし、好調のサンダース打線はその裏、相手投手の四死球もあり、すぐさま4点を取り返し逆転。
その後も影の4番・吉田のクランドスラム&6打点、新4番・小西のタイムリー&3スチール、エース金塚の8奪三振など、終わってみれば17-4で快勝!
ダブルプレーなど、随所に好プレーもあり72期全勝優勝の流れをそのままにいい雰囲気を継続できている。
このままトーナメントも制覇し、完全優勝を目指しましょう!
負け組コメント
トーナメント初戦!
お相手はリーグ優勝者。そして我らがスーさんの最終試合。
1番セカンドでの出場。以下はスーさんに限定した実況。
初回。スーさんがいきなり初級を左中間へ綺麗に二塁打。これをきっかけに3得点し幸先良いスタート。
初回裏は守備機会なかったが、2回裏はセカンドゴロをさばいてセカンドフォースアウト(ゲッツーもいけたか?)。
3回表も先頭打者で、3球目の打ち難い山なりボールをセンター前へクリーンヒット。
その後、快足を活かし、タッチアップで生還。3回裏も守備を難なくこなす。
5回表、最終打席は2アウト1・2塁のチャンス。香港最後の一振りは。。。セカンドゴロ。
5回裏の最後に守備機会は失策も、これは愛嬌。
結果は4-17で残念ながら初戦敗退。
スーさん、9年間の香港ソフト生活お疲れ様でした。そして有難うございました!
また一緒にプレーできることを楽しみにしております!



(C) Copyright is reserved by HONG KONG SA Men's AA LEAGUE